水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画

「枚方(ひらかた)」に住まい透明水彩画を描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。京都伏見(雅究房)と大阪枚方(カルチャーハウス香里ケ丘)、「近鉄文化サロン奈良・阿倍野」にて透明水彩画教室を主宰しています。



✎定員4名の小さな教室です。各自のペースでレッスンします(*^-^*)♪
★伏見教室月二回 京阪伏見桃山、近鉄桃山御陵前 駅前 雅究房1階
●1.3火午前10:00~12:30 満席 ●1.3火午後13:30~16:00 満席
●2.4火午前10:00~12:30 満席 ●2.4火午後13:30~16:00 残席2名
☎ 090-9250-8887 黒川しづこ携帯 体験・見学可
詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html

★近鉄文化サロン「ステップアップ透明水彩画」月一回http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005012.html
●阿倍野サロン(阿倍野 天王寺/☎ 06-6625-1771)第2水曜13:30~16:00
次回7月29(←8月の振替)
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/search/print.php?kouza_num=1004963
●奈良サロン(近鉄西大寺/☎ 0742-35-8161)第4水曜13:00~15:30
次回7月22日13:00~15:30
詳細 https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/nara/shinsetsu/?kouza_num=3001550

★カルチャーハウス香里ケ丘「透明水彩画の基礎講座」(枚方市)月一回 
●第3月曜 午前10:00~12:30 ●午後13:30~16:00 次回 7月20日(月)
●第2水曜 午前9:30-12:00 次回9月9日(水)9月30日(←8月振替)
☎ 072-860-1131 詳細 http://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank005.html


嵐山船着場 着彩途中
 
 今日は2週間ぶりの水彩画教室へ。嵐山の船着場界隈の下描きにオッケーをもらい、教室と自宅で着彩してあと半分残して一日を終えました。
 
 写真ぽくならないように、右奥の木を青薄くしたり、手前の土手をぼかしてみたり、紅葉を海綿で描いてみたりしましたが、はたしてどうなのか。
 発色を良くするように気をつけましたが濁ってしまうしラフというより雑になったり


 私の先生は、油絵もされている方で、スペインの風景をよく描いておられます。ドライオンドライ、具象的精密画な描き方。スペインは乾いた風が吹いているようなイメージなので、題材と画風がマッチしていて、とっても良いです。
 
 ただし、写真のとおりそのまま描かせるのは入門時だけで、徐々に省略や移動、色彩計画、3原色や2色で描く、下描き無しで描くなど、生徒さんの状況を見て指導されています。
 
 ↓入門の頃に描いた4作品

水彩画教室初作品




ミナミの金龍ラーメン


佐川美術館にて


本町のゼー六さん


 教室の生徒さんたちも、ていねいに時間をかけて、一生懸命描いていて、その根気はすごいなあって思います。

 ウェットインウェットを使っている人はいないところ、反するかのようにラフににじみやぼかしも使った描き方にトライしはじめました。

 しかし、これがなかなか難しい。写真どおり描く方が簡単なのです。

 「ラフな描き方をしたい!」と思ったのは、他の生徒さんが持参してきた「中級水彩」という本を見てから。この本なかなかお勧めです。

中級水彩画―英国で学んだ基礎からの水彩画中級水彩画―英国で学んだ基礎からの水彩画
著者:上野 博
日貿出版社(2007-06)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る





中級水彩 風景スケッチ―もっとうまくなる描法テクニック
中級水彩 風景スケッチ―もっとうまくなる描法テクニック
著者:上野 博
日貿出版社(2009-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

 先生も「写真の様に描けるけど、何を描いても写真のようになってしまう。」という悩みを知ってか「一度ウェットインウェットとかを使ったり、下描き無しで描いてみたりしたら?」というアドバイスをされました。
 
 そして、今日気付いた。

 「だから中級水彩なのだ」と

 ちなみに、こちらもお勧め。韓国人水彩画家の絵も良いです。冬ソナ好きの方、ヨン様好きの方も必見です。

水彩画冬のソナタの風景を描く―ロケ地の美しい風景水彩画冬のソナタの風景を描く―ロケ地の美しい風景
著者:上野 博
日貿出版社(2004-09)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

 製作途中の絵は、次の教室まで描いてしまわずに、先生の指導をあおぎながら描いてみることにします。φ(.. )






にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村 ランキング参加中。できればクリックお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. 杜しま
    • 2010年11月30日 23:46
    • こんにちは、杜しまです。
       基礎のしっかりした方の作品は違いますね。おみごとです、これからの進化が楽しみです。
       私は現場では描きません、そうしようとすれば最低2日間は現場にいなければなりません。しかも時間の経過で光はどんどん変わりますもの。現場に行きどんな構図で、なにをポイントにするかを考えて写真で風景を切り取って帰り、机の上で要素を取捨選択しながら描いています。
       現場で描かなければ臨場感や空気感が出ないからだめとおっしゃる方も多いですがそれはそれでまた別な価値観かなと思います。
       画材もいろいろ変えて楽しんでいますが、試行錯誤の末にこの紙にとたどりついた英国のワットマンが製造中止!まあバラつきの多い使いにくい製品ではありますが魅力ある発色の紙でした。画材店の在庫を買い占めたので1年間ぐらいは間に合いますがその後はまた楽しい彷徨が待っています。
    • 2. KUROKAWA
    • 2010年12月01日 08:47
    • なるほど。そうですよね。「現場で描かねばならない。」とか「写真を見ながら描いたのは駄目」とかはもう古いですよね。私もそう思います。現場スケッチは現場スケッチの良さがあって、それぞれ長所が生かせればって思います。

       私は画材も見るのが好きなので、放浪記も楽しみにしています。
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット


枝や、電線、船のロープなどを描くときは超重宝するリガー筆です。高いですが大切に使えば長年使える黒川おススメの筆です。